マインド形成(自己肯定感爆上げ)

【自信喪失の原因】3つの不安&対処法|他人軸を手放すと軽々チャレンジできる♪

自信喪失の原因となる3つの不安と対処法

sponsored link

ボクは牧場を出て世界を旅したいけど、周りは「危ないからやめた方がいい」って言うんだ。
そう言われると外に出るのも怖くて、自信を失った。

迷える仔羊
mariko

自信が持てるかどうかで、「誰の」人生を歩むことになるのか道が分かれるよ。

え!?自分の人生は自分のものじゃないの!?

迷える仔羊
mariko

自信がなければチャレンジできないし、自分よりも他人の言葉を信じて望みから離れていくことがあるよ。

それって、自分の人生かな?

   

あなたは、自信喪失の原因を考えたことはありますか?

原因がわかれば、対処する方法が見つかります。

自信と自己肯定感は密接に関係しています。

自分を理解して信頼することが自信につながるのです。

今回は、自信を失う原因や自信を持つために必要なマインドについてご紹介します。

   

あわせて読みたい
自信を取り戻すワーク
営業成績不振&自信0%から復活させた『自信を取り戻すワーク』【経験談】

続きを見る

あわせて読みたい
自己肯定感とは?幸福感が低い日本人
自己肯定感とは?|幸福度が低い真面目な日本人が幸せになるための条件

続きを見る

mariko

この記事はこんな方にオススメ↓

  • 自信がない
  • 自信を失った原因がわからない
  • 幸せを感じられない

自信喪失すると幸福度が下がる

自信喪失で幸福度が下がる

心理学によると、自信と幸福感には関連があります。

イメージ通り、自信喪失すると幸福度は下がります。

確かに「成功していても自分に自信がなければ幸福度は上がらない」ということは容易に想像できるでしょう。

自信は以下の式で表されます。

自信

自信 = 自己肯定感 ×  行動(経験値)

★ 参考記事:『自信を取り戻す2つの要素とは?

つまり、自信を取り戻すためには、自己肯定感を上げ、チャレンジ回数を増やしましょう、ということです。

チャレンジした分、当然成功も失敗もあります。

式で言うと「行動(経験値)」なので、
成功しても失敗しても経験値は積まれます。

「失敗したけど勉強になった!次に活かそう」と前向きに取り組んでいれば、必ずそれは自信につながります。

また、「失敗があったからこそ、深く語れる自分がいる」と、自分の価値を認め、自己肯定感を高めることにもつながるのです。

そうは言っても、「どうしても自信が持てない」と歩みを止めてしまうことがあります。

それはどのようなときでしょうか?

自信喪失の原因となる3つの不安

自信喪失の原因は3つの不安

自信を失う原因には、次の3つがあります。

自信を失う3つの原因

①失敗に対する不安
「失敗したらどうしよう」「怖い」「失敗後に立ち直れるだろうか」という思いが先立ち、チャレンジ回数が減る

②将来に対する不安
「本当はこうした方が自分にとって良い」とわかっていても、生活環境の変化を不安に思い、手堅い消極策を採用。現状維持が続き、チャレンジして突き抜けることはできない

③他人からの評価に対する不安
周りからどう思われているのかが気になり、本当はやりたいことでも、思い切った行動やチャレンジができない

チャレンジできないときは、この3つの原因に当てはまることが多いです。

消極的になり自信を取り戻す機会を逃してしまいます。

そのような状態で、幸せは見つけられるでしょうか。

自信がなければ自分にモヤがかかったような状態なので、幸せを見つけることが難しいのです。

自信喪失への3つの対処法

自信喪失への3つの対処法

自信を取り戻すために、3つの対処法を試しましょう。

自信を失った時の対処法

「小さなチャレンジを繰り返す」
②「徐々に変えていく」
③「自分軸を持つ」

それぞれについて解説します。

①小さなチャレンジを繰り返す

「小さなチャレンジを繰り返す」とは、
「自分にもできることをコツコツこなすこと」です。

苦手なことは一旦置き、「これだったら自分にもできる」というものを見つけて実行します。

「小さなチャレンジ」なので、成果は小さいかもしれませんが、失敗のダメージも大きくはありません。

だからこそ、着実に経験値を稼ぐことができます。

②徐々に変えていく

「徐々に変えていく」とは、「本当にやりたいことや理想に一歩ずつ近づくこと」です。

急な変化は、いまの生活環境とのギャップが大きなストレスになるので、将来に対する不安も大きくなります。

ですが、少しずつ許容範囲を広げて慣れていけば、いつかは目標にたどり着きます。

例えるなら仕事を急に辞めて転職するのではなく、いまの仕事をしながら副業について勉強し、副業が軌道に乗ったときに転職するようなイメージです。

自分にとっての心地よい領域(コンフォートゾーン)を広げるためには、慣れないことにチャレンジする必要がありますが、チャレンジを繰り返せば徐々に領域は広がり、自信がついてきます。

③自分軸を持つ

自分軸を持つ」とは「自分の意思や気持ちは自分で決める」ということです。

「他人がこう思うだろうから」ではなく、「自分がやりたいから、やる」「他人はこう言うけど、自分はこれが楽しく幸せだ」と決めることができるということです。

自己中心的になれということではなく、「自分がどうありたいか」を基準とし、自分の感情や意思に興味を持ちましょう、ということです。

これらの3つの自信が持てない原因を理解し、対処法を実践しましょう。

自信を取り戻すためには、「自分にできることがあった」「何かをこなすことができた」という事実確認を繰り返すことが重要です。

自信をつけることで、幸福感が上がります。

★ 参考記事:『自信をつけるイメトレ|夢に近づくヒント

自信喪失は他人軸から

他人軸を手放し自分軸で自信を取り戻す

簡単に言うと、次の通りです。

自分軸の人=自己肯定感が高い=自信がある
他人軸の人=自己肯定感が低い=自信がない

自信がない人は、「他人からどう見られているのか」を過剰に気にする傾向があります。

あるいは、自分に求めるレベルが高く、いつまでも自分にOKを出すことができないので、自己肯定感が低くなります

他人軸で生きている人は自信をつけるために、他人から「すごいね」と褒めてもらうのを待っています。

そして、反対意見を言われたり、失敗を追及されたりすると、自分の存在ごと否定された気がして、必要以上に落ち込みます。

他人から言われた言葉を頭の中でリフレインし、いつまでも抜け出すことができません。

このように、他人の基準に自分の幸せ度合いを当てはめる他人軸の人は、他人からの評価がすべてです。

自分の価値を他人に委ねてしまい、自己肯定感は上がりません。

逆に自分軸を持っている人は、好きことを実行することで自分を喜ばせることができます。

他人の目を気にせずチャレンジできるので、経験値を積み、自信を持つことができます。

例えば、自分の好きな香りを知っている人は、その香りのアロマや香水を使うだけで心が満たされます。

些細なことでも自分との約束を守り、自分を褒めてあげられる人は、他人の意見など関係なく、自分次第で簡単に幸せになることができます。

自分が好きなこと・本当にやりたいこと・幸せを感じることを知り、実行することで、自分を喜ばせることができます。

それが自分を大切にすることであり、自信を持つことにつながります。

たとえ、その内容が他人と違っていても良いのです。

他人の基準を採用するのではなく、自分が幸せになれる基準を、自分で設定してください

自分だけの幸せの基準を知ることは、自分の人生を歩むうえで必要なことです。

★ 参考記事:『自分軸で生きる方法|客観性を取り入れてブレない柔軟な軸を持とう

他人軸を手放したらチャレンジできるようになる

他人に振り回されずチャレンジ

あなたは、当てはまりませんか?

  • 就職先は「恥ずかしくない会社」を選んだ
  • 「友人に自慢できるかどうか」で異性を選んだ
  • 会社の人に「辞めるなんてもったいない」と言われ、結局イヤな仕事を何年も続けた

心当たりがあるならば、自分の気持ちよりも「他人にどう見られるか」を優先して生きてきたのかもしれません。

他人から「すごい」「羨ましい」と言われるような人生が、あなたにとって幸せとは限りません。

他人軸を手放し、自分の基準で、好きなことを、自信を持ってやることが幸せにつながります。

もし周りの人が「後で後悔するよ」「安定しない人と結婚したらダメ」と言ってきたとしても、自分の心が幸せで満たされているなら、それで良いのです。

自分を基準にすると、いままでできなかったことにもチャレンジできるようになります。

自分の基準で動くことの足を引っ張ってくるような人は、あなたを幸せにしません。

自信がない彼らは、あなただけが幸せになることを応援せず、取り残されないように足止めをしてくるのです。

大切なのは、そんな彼らのアドバイスではなく、自分の本当の気持ちです。

まずは、自分のことをよく知ろうとしてください。

自分の気持ちを大切にして、やりたいことにチャレンジし、徐々に変化しましょう。

それが自信につながり、幸せな人生を歩む大きな一歩になります。

   

あわせて読みたい
自己肯定感が高い人と低い人の違い
自己肯定感が高い人と低い人の違い【他人軸で生きない・幸せは自分で決める】

続きを見る

    

まとめ:自信喪失の原因と対処法

自信喪失の原因

口癖のように「自信がない」と言う人がいます。

本当に自信がないのか、周りの人を侮らせるために言っているのかは分かりませんが、そこに「他人からの評価」は介入していないでしょうか?

「自信がないフリをしていた方が、あとで成功したときに周りからの評価も大きくなる」と他人からの評価を期待するのは、既に他人軸です。

そのようなことをしなくても、自分を好きであれば、「ここまでできた自分って最高!」と自分で褒めることができます。

あなたは既に輝いています。
ありのままの自分を愛してください。

あなたのままで、充分に価値があるのですから。

大丈夫です!

   

今回の記事のポイント

  • 自信を失う原因:
    「失敗」「将来」「評価」に対する不安
  • 3つの不安への対処法:
    「小さなチャレンジ」「徐々に変える」「自分軸を持つ」
  • 「自分軸」とは、「自分がどうありたいか」を基準とする生き方や考え方
  • 他人の基準を採用するのではなく、自分が幸せになれる基準を自分で設定

\ ↓ポチッとクリックでmarikoを応援♪ /

にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ
にほんブログ村

sponsored link

-マインド形成(自己肯定感爆上げ)
-, , , , , ,

© 2021 YOU ARE OK !! Powered by AFFINGER5