マインド形成(自己肯定感爆上げ)

金運アップのマインドセット−自分の価値を高めるお金の使い方で金運を引き寄せる!−

金運アップのマインドセット

sponsored link

mariko

「お金に細かい」「ケチ」「お金の話ばかり」って言われるけど、違和感があって。
ただ「お金を大切に思っている」だけで、「悪い」とか「恥ずかしい」とは思わないんだよね。
自分にとって価値のあることにお金を使って、無駄遣いしないってピシッと線引きしているだけ。

その代わり、ワクワクすることや好きなこと、自己投資には惜しみなく使っているんだよ。
画材代とかすごいよ!どこがケチなんだよー!って思ってる(笑)

わんわん!

(僕ね、お金のことはわからないけど、一生懸命働いたお金で僕のためにごはんとおやつを買ってもらってるんだから、それだけで幸せ!
きっとお値段以上の美味しさを味わっているよ〜♪)

チャイ

あなたは「お金」の話を周囲の人とすることはできますか?

「いや、それは人としてどうよ」「お金に汚いって思われたくない」「貪欲って思われないかな」
このように思った方は、「お金に対するマインドセット」が「お金=悪い」となっているかもしれません。

金運をアップさせたいなら、「お金に対するマインドセット」を変えて、お金がどんどん寄ってくるような自分になりましょう!

今回は、お金持ちが持っているマインドセットについて解説します。

「お金が欲しい!」「お金持ちになりたい!」「金運アップさせたい!」とお悩みの方は、続きをご覧になって参考にしてみてください♪
是非、お金持ちマインドを身につけましょう♪

お金のマインドセットを変えて金運アップ

あなたはお金が好きですか?

この質問への答えで、あなたの金運の良し悪しがわかります。

金運を引き寄せる人は、お金の悪口を言わず、「お金に愛されている人」です。
「お金大好き!」「お金が欲しい」「お金持ちになる!」と周囲にも大きな声で言えることが、お金に愛される条件です。

「あの人、最近派手ね」「大金を手に入れたらしいわよ」「あら、そうなの?何か悪いことでもしたのかしらね」…このようなセリフを聞いたことがあるかもしれません。

日本では清貧が美徳とされ、人前でお金の話をするなんて論外という風習があります。
「既にあるものに満足しなさい」という意味では、清貧の考え方も尊いですが、「貧しいは善・金持ちは悪」というのは間違った価値観です。

しかし、どこかで「お金に貪欲なのは悪い事」というイメージが拭えないため、お金に対する自分の価値観を人に知られたくない人は多いのです。

お金には人と同じように精神性があります。
お金を欲しがることを「下品で浅ましい」と思い、お金を悪者扱いしたり嫌ったりしている人は、お金を敵に回したのも同然。
お金に嫌われ、金運は上がらなくて当然です。

「お金に汚い」というのは、使う人の問題であって、お金自体が悪いわけではありません。
「お金」=「欲の塊」というのは、間違った思い込みです。

金運を高めたいのなら、「お金のマインドセット」を変えるのが早道です。
お金そのものに「良いも悪いもなく」「善悪のジャッジをつけているのは自分」ということにまずは気づきましょう。

お金は本来、ニュートラル(中立)なエネルギーで、使い方や捉え方次第で良くも悪くもなります。
豊かになるか、貧しくなるかは、お金を使う人の心次第なのです。

お金はエネルギーなので、同じ波動のものと同調します。
「お金さんウェルカム!」というキラキラのエネルギーを発し、大事にお金を使ってくれる人のところに、お金は引き寄せられます。

お金儲けのために人生を生きるというのは少しズレがありますが、お金儲け自体は決して汚いことではありません。

お金に愛される人は、お金を「自分の夢を実現するための道具」と考えます。
そして、自分がワクワクや幸せを感じるための自己投資を目的に、お金儲けをするのです。

あくまで、「お金自体を集める」のが目的ではなく、「自己実現のため」にお金を集め、使うというのが前提です。

自己投資の結果、自分の価値が高まり、誰かにその価値を提供してお金をいただき、そのお金を景気良く使うことで、お金は世の中に循環します。
自分が満たされ、幸せになったら、余った分は惜しみなく世間に還元して「幸せのお裾分をする」というのが、お金持ちの考えです。

「愛があればお金はいらない」と言いますが、それだとお金に愛されません。
「愛のためにお金がいる」と言ってお金を大事に扱うなら、お金に愛され、心の中の貯金箱が貯まっていきます。

お金を悪者扱いすると、「利益ばかり追求して、卑しい人」「悪い事でお金を儲けたに違いない」という見方をしがちです。
しかし、マインドセットを変えて、お金そのものに「良いも悪いもない」と思えたら、それだけで自分の視野も広がります。

お金持ちから積極的に教訓を得ようとし、お金について真摯に学ぶ姿勢になれます。
こうやってお金持ちマインドに近づくことも、金運アップに繋がります。

お金に対して良いイメージを持ちましょう。
それだけで、お金に愛されて金運が良くなります。

お金に愛される人

金運を引き寄せる方法:お金持ちの感覚をインストール

お金持ちになる未来を想像できないときに、金運を高める手っ取り早い方法があります。
それは、「お金持ちになった自分」を脳にインストールすることです。

その方法として、成功者やリッチな知り合いを増やしたり、そういう人が集まる場所に行って、そこに流れる空気・人・物に触れて五感で体感するのがオススメです。

頭の中で通帳残高が増えるイメージをしても良いのですが、それよりもリアルで身体を動かし、五感を通してリッチな感覚を脳に記憶させると、無意識にしっかりとその感覚がインストールされます。

例えば、セレブ御用達ブランドのブティックでウインドウショッピングをするだけでも良いですし、ホテルで一杯1,500円のコーヒーを楽しむだけでも、街のカフェでは味わえない優雅な雰囲気を体感できます。
そこでゆっくりと時間を過ごすと、高いコーヒーの値段に隠れた付加価値にも気付くことができます。

上質なものに触れ、そこに流れる「気」を感じ取ってみましょう。
これだけで、自己肯定感を高めることができます。

★ 参考記事:『自己肯定感とは?』

毎日「自分はお金持ちだ」という設定で過ごし、お金持ちとして行動する感覚を無意識にインストールすると、「自分はお金持ちになる」というぼんやりとした期待が、次第に確信に変わっていきます。
そして、金運が動き出し、よりリッチな人・波動の高い人との出会いやシンクロニシティが増えていきます。

自分が無意識に発している心の状態のエネルギーが、運を引き寄せます。

「お金持ち」の行動を五感で体感し、脳に刷り込みましょう。
そうすることで、無意識的に金運を引き寄せることができるようになります。

お金持ちになる期待が確信に変わった人

お金は自分の価値を高める自己投資に使う

「金は天下の回りもの」とよく言います。

お金が活発に循環する社会が、経済的に健全な社会です。
企業が利益を上げ、給料として社員に還元し、消費者が買い物や旅行でそれを使って経済活動が活発になることで、結果的に個人の収入も増える、というのが理想です。

しかし昨今は企業の内部留保・消費抑制等が発生し、循環はうまくいっていないようです。(…というのは置いておいて。)

金運も同じ仕組みです。
金運の良い人は、お金が沢山入ってくるだけでなく、それを使うことで、またより多くのお金を得て、絶え間なくお金を循環させます。

金運を良くするためには、お金の流れを良くすることが大切です。

いま手元にお金がなくても、世の中にはお金が無尽蔵に流れています。
通帳記載の金額だけを自分のお金と思わないことです。
手元にあるのは、いま預かっているお金というだけで、世の中にはあなたの元にが流れてくる可能性のあるお金が、まだたくさんあります。

そのお金が自分の元へ引き寄せられてくるためには、お金が寄り道してくれるような「価値のある自分」になっている必要があります。

よく、「お金は使わないと戻ってこない」と言います。
これは事実ですが、知っておかなければならないことがあります。

実は、この言葉を真実として語っているのは、「本当の意味でお金の使い方がわかっているお金持ちです。
それを貧乏な人が、言葉通りに鵜呑みにしてお金をジャンジャン使っても、効果がありません。

世の中には、「お金を使っているのに、全然お金が戻ってこない!」と嘆いている人はきっと多いでしょう。
それもそのはず。「お金は使ったら減るのが事実」ですから。

では、「お金は使わないと戻ってこない」の本当の意味は何なのでしょう。
それは、「お金を使うことで付加価値を知り、自分の価値を高めなさい」ということです。

お金を多く出せば、その分、質の高いサービスを受けることができます。
安っぽいビジネスホテルと高級ホテルでは、ホスピタリティにも差があるのは肌感覚でわかると思います。

手厚いサービスを受けるだけでも、自分の価値・自己肯定感を高めることができます。

いつまでも安っぽいサービスで良しとするなら、自分の価値を「その程度で良い」と自分で許可することになります。
質の悪いサービスを自分に受けさせ、高い価値を知ることもできないなら、自分の価値が高まった感覚や気分を味わうことはできません。
自分はその程度の価値」というのを無意識に刷り込み、自己肯定感が下がる要因になります。

常に安いものを優先的に選択していると、質の悪いサービスを受けることになるので、時には不当な扱いをされ、腹が立って喧嘩になったりします。

お金を持っていない人は、値段の奥にある付加価値を見出すことができず、いつまでも「自分はその程度の価値」だと許可をしているから、常に安いものを探す選択しかできなくなるのです。

お金持ちの人は、値段の奥に付加価値があり、それが自分の価値をどれだけ上げることができるかをよく知っています
お金を多く出すことで、価値の高いサービスを受け、付加価値を見出すという経験値を積んでいます。
だから、低いレベルのサービスに心を痛めることも少なく、穏やかなのです。
それが、自己肯定感を高め、さらに金運をアップさせることに繋がっています。

お金が入ってこないときこそ、「自分の価値」を高めるためにお金を使うべきです。
そうして、自分の価値が上がるほど、金運もどんどん育っていきます。

貯めるのも大切ですが、自己投資のためにお金を使うことが大切です。

運は「気」の流れです。流れが停滞すれば運も尽きてしまいます。

自分の価値を高めることにお金を使いましょう。
それが良いお金の循環を作り、金運を引き寄せる秘訣です。

★ 参考記事:『仕事運アップの方法とは?

自分の価値を高める人

まとめ:金運アップの秘訣

生きていると、どうしてもお金は必要になります。
「お金があればアレもコレもできる」「裕福な家庭に生まれたかなったな」「将来が不安だから稼いでおかないと」…
このように悩んだことがある方は多いのではないでしょうか。

しかしこれからの時代は、「お金や物質的な豊かさ」よりも、「精神性」が重要な時代になってくると言われます。

そうであれば尚更、自分とよく向き合って本当の望みを見つけ出し、自己投資のためにお金を使って、自分の価値を高めることが必要になるわけです。

そのようなお金の使い方ができるようになると、結果的に金運がアップし、「お金や物質的な豊かさ」も手に入ります。

是非、今回の記事を参考に、金運アップのマインドセットをご自身に取り入れてみてください。

今回の記事のポイント

  • 金運を引き寄せる人=「お金に愛される人」
  • 「お金は汚い」⇨「お金に善悪はない」と「お金のマインドセット」を変えると金運アップ
  • お金を「自分の夢を実現させてくれる道具」と思う人がお金に愛される
  • お金儲けは「自分の幸せやワクワク」を味わう自己投資を可能にするため
  • お金持ちを真似して、お金持ちマインドをインストールするとお金を引き寄せる
  • 「お金は使わないと戻ってこない」=「お金を使うことで付加価値を知り、自分の価値を高めなさい」
  • 質の高いサービスは、値段も高いが付加価値が付いている。それを体感することで自分の価値が高まる

sponsored link

-マインド形成(自己肯定感爆上げ)
-, , , , , , ,

© 2021 YOU ARE OK !! Powered by AFFINGER5