人間関係

『ギブの精神』は人間関係で有効|ギクシャクしない与え方と前提条件

ギブの精神で人間関係は良好になる

sponsored link

迷える仔羊

先に与えれば自分に返ってくる!

だから、僕の命くらい大切な羊皮レザーのジャケットをプレゼントします!

ややや、ちょっと待って!
命くらい大切なんでしょう!?

それ手放すと羊くんの心にダメージあるんじゃ…?

mariko
迷える仔羊

いいや!大丈夫です!
もっと良いものが自分に返ってくるはずですから!

いや、違うって!
大丈夫じゃないって!

人に何かを与えるなら、余裕のある部分から渡そう!
渡してもダメージないものを渡そう!

それ、もらっても重いし!

mariko

    

良好な人間関係を築くために「与える」ことは有効です。

仕事では特に、気の利いた人は評価が上がります。

それだけ周りは「与えられること」を期待しているということです。

周りには見返りを求めて与えてくる人だっています。

その人たちに何も返さないでいると、人間関係でギクシャクしだします。

お返しすることに過剰にプレッシャーを感じることはありません。

しかし「お返し」の前に「ギブ」する精神を身につけておくことで、もっと人間関係は良好になります。

今回は、ギブ(GIVE)精神で人間関係を良好にする方法をご紹介します♪

     

あわせて読みたい
自己肯定感不足だと傾聴できない
自己肯定感不足だと傾聴できない|失敗しないコミュニケーションのコツ

続きを見る

あわせて読みたい
人間関係のストレスは価値観の違いを認めて軽減
【人間関係】ストレス軽減・怒りを感じないコツ【価値観の違いを認める】

続きを見る

       

mariko

今回の記事は…

  • 人間関係で不安がある
  • 人気者になりたい
  • 上手なギブ(GIVE)の方法を知りたい

このような方のお役に立ちます!

人間関係でギクシャクしない『ギブの精神』

ギブの精神で人間関係良好に

人は何かを手に入れたいとき、
与えられる方法を考えます。

当然と言えば、当然です。
与えられたら嬉しいですもの。

しかし、旧約聖書に有名な言葉があります。

「与えよ。さらば与えられん」

与える人の元に欲しいものがやってくるという意味です。

だからと言って、「先行投資したから、返ってきてもらわないと困る」と考え無闇に与えても逆効果。

人間関係でも、「私がコレやってあげたんだから、あなたもそうしてよ」と見返りを求めると、ギクシャクしてしまいます。

「困る」前提の先行投資は、自分の心も豊さもすり減らして意味がないからです。

「与え方」と「与える前提条件」

自分が不足しているのに与えようとすると、「与えたから返してよ!」と見返りを求めるようになります。

人は不足を埋めたがる習性があるからです。

本物の「与える人」は心にも豊さにも余裕があります。

心も物質面も豊かな人は、まず自分を満たし、
余った分を分け与えようとします。

だから、見返りがなくても、心も物質面も満たされている状態を維持できるのです。

人間関係でギクシャクしないためにも、まずは自分を満たしてから与えるようにしましょう。

    

「与え方」と「与える前提条件」

与え方  : 自分からはみ出た余裕部分を与える

前提条件 : 自分がまず満たされていること

ギブの王道:人間関係で有効なギブ行為

人間関係に有効なギブ行為

人間関係を良くしたいとき、ギブの精神が役に立ちます。

ギブの王道は3つあります。
「喜ばせる」「感謝する」「褒める」です。

   

GIVEの例

  • プレゼントする
  • ありがとうを言う
  • 笑顔で接する
  • 質問して興味を示す
  • 相手のことを覚える
  • 誘いに乗る
  • 素敵な点を伝える
  • 一緒に楽しむ

   自分に負担が出ない程度でギブできることを探し、トライしましょう。

実はギブの行為は、「相手の立場に立ったときに喜べるかな?」と想像を膨らませることで、発想の転換の練習にもなります。

ただし、「自分が喜ぶことだから相手も絶対に喜ぶはず」という思い込みは捨てましょう。

自分と相手では価値観が違います。

相手が嬉しそうな反応をすることを期待するのも、見返りを求めた行動です。

「全然嬉しそうにしなかった」と腹を立てても意味がありません。

それはギクシャクの原因になります。

自分が好きでやってるんだから♪
…くらいの余裕がある精神状態のときに与えた方が無難!

mariko

   

余裕がなさすぎてギブできない!?

自分が満たされず辛い思いをしているとき、自分のことだけに目を向けがち。

どうしてもギブの発想を忘れてしまいます。

このようなときこそ、与えることができる部分はないか考えましょう。

そうは言っても、「さっき、自分を満たすことが前提って言ったじゃん」と思われるかもしれません。

もちろんそうですが、
ずっと埋まらない溝を見つめ続けるのも苦痛です。

要は、自分の見つめ方を工夫すれば良いのです。

自分がすべてにおいて満たされていないということはありません。

他人が苦手なことも、自分は得意ということがあります。

必ず、自分にもどこかにギブできることがあるのです。

例えば、家庭はうまくいっていないけど、
仕事は絶好調なら仕事の面でギブ。

勉強には自信がないけど体力があるなら、
体力を使って人の助けになることでギブ。

友達はいないけどお金があるなら、
募金箱や神社のお賽銭でお裾分けしてギブ。

必ず誰かの助けになることはあります。

その点を見つけて、余裕がある部分だけ与えることならできるはず。

自分にも与えることができたという思いが、さらに自分の心を満たすことにつながります。

     

あわせて読みたい
幸運の種まきで運を引き寄せる
運を引き寄せる『幸運の種まき』の方法−良縁を掴む秘訣とは?−

続きを見る

『ギブの精神』奥義!本気の誉め殺し!

ギブの精神で人間関係良好

お世辞とわかっていても、褒められると嬉しいもの。

当たり前ですが、相手を馬鹿にする言葉より、
褒め言葉を伝える方が、人間関係を良好にする上で得策。

だからと言って、
嘘っぽい褒め言葉を連発しても逆効果です。

ちなみに筆者は、称賛に値する相手の褒めポイントを見つけ出し、徹底的に褒めます。

相手の良い面を見る訓練にもなりオススメです。

本気の誉め殺し方法にはいくつかポイントがあります。

私はお世辞を言えません!
嘘をつくと気持ち悪くなります。
その代わり、本気で褒めてる!

mariko

褒めるポイント①褒めた理由を伝える

相手を褒めるときに「いいね」だけ言っても、相手には何が良いのか伝わらず、「口先だけではどうとでも言える」と解釈されてしまいます。

なぜ良いと思ったのか、どういうところが好きなのかなど、褒めた理由まで添えるようにしましょう。

「かっこいいネクタイですね!私はそのチェック柄が好きなんです!」

「いつも笑顔で、周りを元気にしてくれてありがとう!素敵です!」

こう伝えると、相手は「なるほど!」と喜んでくれます。

〇〇だから好き!
〇〇だから良い!
理由をつけて褒めよう!

mariko

褒めるポイント②事実を本気で褒める

心にもないことを褒めても、「お世辞ばかりだな」と相手に違和感を与えてしまいます。

褒めるのに嘘をつく必要はありません。

自分が本当に「ここは褒めたい」と思える場所を見つけて褒めましょう。

人には必ずプラスとマイナスの両面があります。

必ず褒めることができる点が見つかるはずです。

褒めるところが見つからないのであれば、相手が悪いのではなく、自分の物事の見方がネガティブに偏っている証拠。

その状態だと自分の良いところすら見つかりません。

良いところを見る訓練が必要でしょう。

褒めるポイントが見つかったら、全力で褒めます!

小さなことを大きく褒める意識です。

相手が喜ぶように伝えましょう。

褒めることは勿体ないことではありません。

相手が喜び、自分もの視野が広がる良いことです。

だから、褒め惜しみせずに褒めましょう。

褒めの大盤振る舞い!

mariko

自己重要感を与える

人は、「認められたい」という「自己重要感」を大切にして生きています。

人間学のデール・カーネギー氏も、「自己重要感は、食欲や睡眠欲よりも強い」と説いています。

褒められると嬉しいのは、自己重要感が満たされるからです。

ここで少し想像しましょう。
あなたは、自分のことを褒めてくれる人と、褒めてくれない人のどちらを褒めたくなりますか?

恐らく自分を褒めてくれる人を褒めたくなるでしょう。

つまり、自分が周りを褒める人になれば、逆に周りから褒めてもらうことができ、自己重要感が満たされていくということです。

ギブすれば、返ってくるのです。

家族、友人、恋人にギブするのは簡単かもしれません。

仕事では、上司・部下・顧客など、ギブする相手はたくさんいます。

生産性が高まる企業の特徴は人間関係が良いことです。

人間関係の良い人は仕事もでき、周囲の高い評価も得て、高い地位・収入を得ます。

反対に、「仕事が嫌だ」と愚痴ばかり言う人の多くは、人間関係がうまくいっていません。

ギブすれば、人間関係のギクシャクは減ります。

あなたは与えられるのをずっと待ち続けていませんか?

自分からギブしているでしょうか?

一度、自分を振り返ってみましょう。

    

あわせて読みたい
怒りの原因
怒りの原因は「客観視」で根本解決!|イライラのきっかけは5つの欲

続きを見る

褒められても嬉しくないし!
(僕はそう見えるんだ。ちょっと嬉しいかも…)

迷える仔羊

     

\ 成功者には『ギブの精神』を持っている人が多い! /

まとめ:ギブの精神は人間関係で有効

ギブの精神が大切

ギブをするなら、自分が満たされていることが前提です。

そうでないと見返りを求めたギブをすることになります。

確かに先行投資が大事という場面はあります。

しかし、自分ではなく他人に見返りを求めるのは違います。

将来の自分のための先行投資はOK。

見返りを求めるギブは、自分のためにならないからアウト。

これだけ覚えておきましょう。

自分の余裕のある部分からギブしましょう。

そうすることで、人間関係が円滑になります。

今回の記事のポイント

  • ギブの精神は見返りを求めない
  • 見返りを求めると人間関係がギクシャク
  • 自分が満たされていることがギブの条件
  • 余裕のある部分をギブ
  • ギブの王道:
    「喜ばせる」「褒める」「感謝する」
  • 事実を本気で褒める
  • 褒める理由も伝える
  • 自己重要感を与えることが大事

\ ↓ポチッとクリックでmarikoを応援♪/

にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ
にほんブログ村

sponsored link

-人間関係
-, , , , , ,

© 2021 YOU ARE OK !! Powered by AFFINGER5