マインド形成(自己肯定感爆上げ)

自分のエネルギーを浪費しない方法−他人軸より自分軸で生きるセルフ省エネ−

エネルギーを浪費しない自分軸

sponsored link

迷える仔羊

あわわ、あわわわわ…
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…

うわ————ん!!!

どうした!?羊くん!!

mariko
迷える仔羊

仕事を断れなくて全部引き受けたら、終わらなくて焦るし、ミスするし、お財布どこかに置いてきちゃったし、心がざわざわしています!!

わー、そりゃそうだろうよ。
羊くんが注げるエネルギーは有限なのよ。
他人のことにエネルギーを使いすぎると、自分を大切にできないからね。
上手にエネルギーを振り分けて、省エネしないとパフォーマンスは上がらないよ!

たまにはエネルギーを自分に全集中しよう!

mariko

あなたやあなたの周りで、やたら一人だけ忙しそうにしている人はいませんか?

デキる人に限って、他の人より多く仕事を頼まれたり、責任感がある頑張り屋さんに限って、自分の時間とエネルギーを削ってどんな仕事もこなしてしまうから、さらに自分だけが忙しいという状況が生まれてしまいます。

あなたが持っているエネルギーは有限です。
優先順位を考えて、自分のためになることにエネルギーを配分をし、優先度が低いことに注ぐエネルギーを省いていくことで、より幸せな人生を送ることができるようになります。

今回は、自分の人生を生きるための省エネマインドについてご紹介します♪
他人に振り回されてエネルギーを浪費せずに、自分を大切にする方法を学びましょう。

あわせて読みたい
自分軸で生きる
自分軸で生きる方法−客観性を取り入れてブレない柔軟な軸を持とう−

続きを見る

嫌な気分の正体は「他人軸の考え方」

心を持った人間である以上、気分の浮き沈みがあるのは当然です。

イライラ、落ち込み、憂鬱、不安などを放置すると、嫌な気分に振り回されるようになり、心のエネルギーが次第に失われ、場合によってはうつ病へと発展します。

嫌な気分に人生まで振り回されないようにすることが、自分らしく生きるために大事です。
そのために自分と向き合い感情の理由を知ることが必要になります。

しかし、過去に蓄積した感情も含めて、ネガティブな感情すべてと向き合うのは、エネルギーを大量消費する大変な作業です。
疲れた状態のときは尚更できないことなので、無理せず時間をかけて徐々に感情を掘り下げましょう。

ネガティブな感情を放置し、それを解消するのにエネルギーを大量消費することにならないように、今後発生するネガティブな感情に都度向き合い、これ以上蓄積させないように注意することが大切です。
そのために、嫌な気分の正体を知り、それに振り回されないことだけを考えましょう。

あなたを振り回す嫌な気分の正体は、辛くて悲しい気持ちではなく、「他人からの評価やリアクションからくる不快な感情」です。

例えば、「上司から理不尽に怒られてイライラ」「恋人に寄り添ってもらいたいけど冷たくされて憂鬱」など、他人の存在によって生まれた感情があなたを振り回し、エネルギーを浪費する原因となります。

嫌な気分の正体がわかったら、あとはそれを解決するだけです。
その方法は、「他人軸」ではなく「自分軸」で生きること

他人からの評価を基準に選択・行動するのではなく、自分がどうしたいのかを基準に考えて選択・行動することが大切です。

★ 参考記事:『自分軸を持って幸せになる方法−自信を失う3つの原因と対処法−』

他人に振り回されない自分軸

セルフ省エネの方法①:エネルギー配分

嫌な気分から心の病にまで発展させないために、「自分に無限のエネルギーがあると思って、他人のことでエネルギーを浪費しない」ようにしなければなりません。

人間のエネルギーは有限なので、それを何に使うか、どう使うと効率が良いかを、しっかり考えて生きていかないといけません。

他人にエネルギーを注ぎすぎるのは、他人軸となっている可能性があります。
まずは自分にエネルギーを効率良く分配し、余った分は他人に「幸せのお裾分け」としてプレゼントしましょう。

ゲームで言うと、「ステ振り」です。
力・体力・魔力・素早さ・知性・精神・運の、どのステータスをあげると、効率良く冒険を進めることができるのかを考えることが大切です。

自分が本当は前線で戦うファイタータイプなのに、魔力や精神ばかりにステータスを振り分けても、敵を倒すのに時間がかかります。
自分は魔法が得意なのに、力ばかりにステータスを振り分けても、最低レベルの魔法(ファイア→ファイラ→ファイガならファイア)しか使えません。

逆に、自分の得意なことを理解してステータスを上手に振り分けると、すごい戦闘力を持つことになり、頼れるレギュラーメンバーになれるのです。

力強いファイターか、援護攻撃が得意な魔法使いか、サポートタイプの回復系かを自分で見極め、エネルギーを上手に振り分けると、一緒に冒険する仲間を手助けすることもできます。

エネルギーの振り分け方が下手だと、自分を守る力も持てず、当然他人を助けることもできません。

だから、まずは自分が何を得意なのかを知ることが大切です。
自分を蔑ろにすると、かえって人に迷惑をかけることになります。

人のことを優先して考えがちな人ほど、行動に迷った時は一度立ち止まって、自分と向き合いましょう。

「この方が自分にとって価値があって、結局は他人にとってもメリットがあるからこうしよう」と考えることによって、自分のエネルギーが枯渇するのを防ぐことができ、「この場合こんな行動を選んで、こんな結果になってよかった」という自分の経験を人に伝えて、役立ててもらうこともできます。

これも自分の取扱説明書である「セルフマニュアル」のノートに記録していくと、自分のエネルギーを最小限に抑えながら人生を謳歌する方法が見つかります。

★ 参考記事:『うつ病を再発させないセルフマニュアルの効果』
★ 参考記事:『執着を手放して運気アップ!−幸せのお裾分けで幸運を循環−』

ステータスを振り分ける人

セルフ省エネの方法②:時間管理

自分の省エネが上手な人は、時間管理を徹底しています。

例えば、お金持ちの成功者と貧乏人では、時間単価の考え方が違います。
成功者は短時間で多くの金額を稼ぐことを考えますが、貧乏人は稼ぐために長時間労働をしようとします。

1つのコンテンツを売るにしても、効率的な方法を使って制作にかかる時間を短縮し、リリースするときは多くの人の目に止まるようにし、何もしなくても収益が上がる状態を作ろうとするのが、時間単価の高い稼ぎ方です。

「報酬がこのくらいなら、こういうやり方をして効率を上げよう」「制作費と時間がこれだけかかったから、値段は少し上乗せして、付加価値もつけておけば売れるかな」などと計算をします。

これは自分のエネルギー配分の計算でもあります。
これができないと、余計なことにも全力で取り組んでしまい、エネルギーを浪費してしまいます。

他人の目を気にするタイプだと、一度仕事などで良い成績を得たり、表彰されたりすると、そこから陥落する姿を誰にも見せたくなく、自分を格好良く見せようとして、多くのエネルギーを使って名声を維持しようとします。

オーバーワークをしたり、家に帰っても仕事のことを考えたり、プライベートの時間も削って不安要素をなくすための努力をします。
そうやって他人からの評価を落とさないために、全力で気を張っているときに限ってトラブルに巻き込まれたり、病気になったり、心がポキっと折れたりします。

時間管理のために一つ一つの出来事をミッションと捉え、優先順位をつけることが大切です。
そして、優先度の高さは「他人からの評価」よりも「自分の価値が高まるか」で決めましょう。

日常には短期的なミッションが次々とやってきます。

「いまのミッションは何だろう」「一番最初に取り組むべきミッションはどれか」「効率の良い進め方は?」「自分がやりたいことは何だろう」と意識することで、自分軸が育ってきます。

エネルギーを優先度が高いミッションに注ぎ、それ以外は省エネしていかないと、心身ともに疲れてしまいます。
無尽蔵にあるわけではないエネルギーを何にでも注ぐわけにはいきません。

いまは何が必要で、どこにエネルギーを注ぐべきかを常に考えていれば、自分軸になり、嫌な気分に振り回されなくなります。

まずは自分を大切にすることに集中して、他人から受ける嫌な気分の処理でエネルギーを浪費しないようにしましょう。

時間管理と金の関係

セルフ省エネの方法③:わかってもらうことを求めない

「どうしてわかってくれないの!?」「言わなくても気持ちを察して!」「私の求めているものに気付いて欲しい!」
恋人とこのようなことで喧嘩することはよくありますよね。

喧嘩はエネルギー消費の激しい行為ですが、そもそも他人に「わかって欲しい」と思うこと自体がエネルギーの無駄遣いになります。

「わかってもらう」ことは、他人からの評価を求める行為です。

「大変だったね」「あなたは頑張っているよ」「そのままでいいよ」という言葉を待っているのです。
これは他人に期待する他人軸です。

自己肯定感が低い人ほど、自分で自分を認めることができないから、心に開いた穴を他人からの評価で埋めようとします。
自分を認めるのは自分という意識が必要です。

しかし、人は皆、自分を生きるので精一杯。
他人を理解しようとするほど暇ではないし、余裕もありません。

自分をわかろうとするのは自分の務めです。
他人にわかってもらうということは、自分の義務を代行してもらうのと同じです。

だから、「自分のことは、他人にはわからない」というのを前提にしましょう。
そしてまた、逆も然りです。「他人のことは、自分にはわからない」のです。

HSP(先天的に敏感で繊細な人)に多いですが、敏感に空気を察知する能力が高いがゆえに、相手の表情を見て、「この人は私のことをよく思っていないな」「嫌な気持ちになっているみたいだ」「何か気に障ることを言ってしまったみたい」と相手の気持ちをジャッジします。

確かに相手の表情を見ると、相手の感情が動いたことはわかるのですが、その感情がジャッジした通りの感情かどうかは、本当はわからないのです。
そうだと決めつけて、勝手に落ち込んでしまうのが、HSPの人の生きづらさの原因にもなっています。

★ 参考記事:『繊細さんは他人軸?−HSPでも自分軸を持つことで生きづらさを解消できる−』

これだと、他人の表情にずっと気を取られてエネルギー不足を招いてしまいます。

自分と相手はまったく別の人。
自分の経験が相手に当てはまらないですし、相手の経験は自分では経験できないものです。
当然、相手の気持ちも自分の気持ちも、お互いに100%わかり合うことはできないのです。

それを理解せずに他人軸でいると、イライラしたり、絶望したり、相手に理解を求めた自分を責めたりします。

そこから抜け出すには、「求めない」と決意することが一番です。
「わかってもらおうとしない」ことで、生きづらさが和らぎます。

認められたいなら、自分で認める。
励ましてもらいたいなら、自分で励ます。
わかってもらいたいなら、自分がとことんわかってあげる。

自分と向き合うことをしていないと、自分をわかってあげることはできませんよ。

★ 参考記事:『人間関係のストレスを感じなくするコツ−価値観の違いを認めるだけ−
★ 参考記事:『断捨離するのはモノだけじゃない!人間関係と感情を捨てる驚きの効果

わかってもらうのを求めない人

まとめ:自分のエネルギーを浪費しない方法

文句の言い合い、無駄な残業、ノーと言えずモヤモヤするなど、自分の人生を歩みたいのに妨げになっているものはたくさんあります。
時には、その無駄な存在に気づいていながらも、「仕方ないから」と言ってそのままの状態を続けたりもします。

しかし、あなたの人生は一度きりで、それがいつ終わるかもわかりません。
これまで他人由来の嫌な気分に振り回され、他人を優先にし、他人から評価を得ることばかりを考えていたとして、明日急に人生が終わるとすると、あなたの本当の願いや夢はどこに行ってしまうのでしょう。

あなたの願いや夢を叶えてくれる人は、あなたしかいません。
あなたの人生は、そのためにあるのです。

それがわかったのなら、いまからでも遅くありません。
自分のエネルギーをどこに配分して、いかに無駄なことに使うエネルギーを省くかを考えましょう。

これを意識するだけで、あなたの生きづらさは解消し、自分の夢へと向かう原動力が力強く動くようになります。
エネルギーも時間も、自分の心が喜ぶことに使うように、選択をしていきましょう。

今回の記事のポイント

  • あなたを振り回す嫌な気分の正体は「他人からのリアクションや物事の捉え方からくる不快な感情」
  • 嫌な気分に振り回されないようにするためには、「他人軸」ではなく「自分軸」で生きることが大切
  • エネルギーは有限。自分にとって価値のあることにエネルギーを注ぎ、他人のことでエネルギーを浪費しないようにしよう
  • エネルギーを浪費しないために時間管理も必要。優先順位を考え、どこにエネルギーを注ぐべきかを考える
  • 「わかってもらいたい」というのは他人軸。「求めない」ことを決意し、自分で自分を満たすことが大切

sponsored link

-マインド形成(自己肯定感爆上げ)
-, , , , , , ,

© 2021 YOU ARE OK !! Powered by AFFINGER5